高く買い取られるには

農機具を高く買い取ってもらうには、トラクターならトラクター、コンバインならコンバインといったように、その農機具に強い買取業者を選ぶという方法があります。しかしながら、農業を廃業するために一気にすべての農機具を手放したいという場合は、広く農機具なら何でも扱っているような業者に倉庫を丸ごと買い取ってもらうといった方法もあります。状況に応じて、選ぶようにすれば良いでしょう。

高く買い取られるには、まず年式が新しいことやメンテナンスがきちんとなされていることです。特に農機具のコンバインは、付属品やオプションがついている場合があり、いろいろな機能を持ったものがあります。これらの付属品やオプションがついているために効果で買取をしてくれるという問題があります。ほかにも、本体はもちろんのこと、フィルタや防じん剤、クローラに不良がないのかということも買取の主要な観点になります。そのため、丁寧に使っていればいるほど高値が付く確率が高くなります。

ですが、年式が古かったり故障をしているということがあっても、修理すれば市場に出すことができたりするものであれば、買取可能です。ですので、まずは業者に問い合わせてみることが推奨されます。

参照リンク⇒農機具高く売れるドットコム|全国対応の農機具・中古トラクター高価買取サービス

コンバインの買取

数ある農機具の中でも、なじみの深い農機具にコンバインがあります。コンバインとは、稲を刈り取る機械として有名ですが、稲だけでなく麦やそばなど穀類を刈り取るときに使う農機具です。

コンバインは普通型コンバインと自脱型コンバインがあります。自脱型コンバインは、刈り取った作物の実をこきとる方法で収穫するもので、機械自体も小さく構造も簡単で安価です。しかし豆類には使えないといった欠点があります。一方普通型のコンバインは、作物を丸ごと粉砕して実だけを取り出すという方法を使っています。ですので、汎用性が高いですし、どのような作物でもだいたいは使えます。

どちらのコンバインも買取の対象であり、自脱型コンバインは新規就農者など小規模の農家に売られます。一方で発展途上国を中心とした海外では広い圃場の作物をいっぺんに収穫できる普通型コンバインのほうがニーズが高いです。

そのため、コンバインの買取と一口に言っても、どのようなコンバインが高く買い取られるかを知っておく必要があります。特に海外の市場に強い買取業者は、普通型コンバインを高値で買い取ってくれます。インターネットの一括査定などを利用して、高く買い取ってくれる業者を探すとよいでしょう。

農機具の買取

何らかの事情によって使わなくなった農機具や、使っていないのに倉庫に眠っている農機具は一刻も早く買い取ってもらうのが良いでしょう。なぜなら、現在中古の農機具買取市場が活発化しており、使っていない農機具を高価買取してくれる場合もあるからです。

日本製の農機具は、もともと丈夫につくられており、評価がとても高いです。農機具買取の専門業者であれば、独自の販売ルートを持っており、眠っている農機具をまた使えるように市場に出すことが可能です。需要としては、国内の新規就農を考えている人や、海外、主に発展途上国を中心にした農業国が挙げられます。

買い取るメーカーや年式には特に制限はないのですが、年式が新しいものであればあるほどやはりニーズもあり、高価買取が実現することが多いです。また、有名なメーカーのものは知名度も高いため、高額買取が実現する可能性があります。置いておいても年式がどんどん古くなっていくだけですので、自宅や両親の家、祖父母の家などに使わない農機具がある人は、買い取ってもらうことで現金化することができ、同時に不用品を処分することもできます。

買取の流れとしては非常にシンプルです。まず、インターネットなどで買取業者を探し、査定を申し込みます。あらかじめ年式などを入力することで大体の買取金額を教えてくれる会社もあります。その後、出張査定に来てもらって、納得をする値段で売買契約を結び売却するという流れです。農機具の買取について、当サイトでさらに詳しく解説します。